FC2ブログ

スポンサーサイト

上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。

明石食堂のソーキそば

石垣北部にある明石食堂。ガイドブックにも載っている有名店だからいつも混雑。
冬場のオフシーズンで車がある時でないと行けないし、冬場しばらく閉まっている時がある。

日曜日にマーペーに上ろうかとおもったけど、向かう途中で強風なのでヤメにした。
風で岩から転げ落ちては大変だー。
なのでソーキそばだけ食べに。

ラッキーなことに明日から休業だったよ、今年最初で最後だな。
ウェイティングリストに名前を書いて待つ、ひたすら待つ。
冬場だから思ったより待たなかったよ。

沖縄そばは苦手だが、ここのソーキそばは唯一好みである。
肉嫌いの潜水婦でもいける、トロッとろの柔らかさと味付け。
出汁はとんこつラーメンに近いかな。

野菜そば+ソーキ別皿がベストなのだが、野菜そばがメニューから消えていた。
ソーキの別皿も2枚で千円だったのが、1枚で500円になっていた。
隣のテーブルの人が店の人にたずねていたのによれば、昨年10月で野菜そばはやめたらしい。
こんだけ観光客で忙しかったら、野菜炒める時間がないのでしょうー。
残念だ・・・

そこでソーキそばの中を注文。ほどなくすると大きなソーキがでーん!と乗ったどんぶり登場。
紅ショウガ多めがおいしいさ~。
ソーキ1
ソーキ2

サクッと食べて店を出た。道中長いからトイレをすませてね。
道の脇に広がるサトウキビ畑はススキの穂の様なサトウキビの穂が風に揺れていた。
「ざわわ、ざわわ」の世界である。

この陽に輝くサトウキビの穂の波が好きである。

スポンサーサイト

Mimpi,その名は夢

潜水婦がバリ島時代働いていた、Mimpi Resort Tulamben.

潜水婦が去ってから、アグン山の噴火による空港閉鎖やトランベンエリアの避難勧告で地域の宿泊施設は一時閉鎖された。
ところがダイビング再開され、他の宿泊施設やダイビングセンターが再開している今現在でもMimpiトランベンはクローズされたままらしい。

元スタッフのFacebookに誕生日メッセージを書いた返信で今日知った。
ロケーションは最高なのに、元々経営が下手くそで、ダメダメマネージャーだったからな。
もう半数以上は他で仕事をしているらしい。

Mimpiはインドネシア語で夢。
亡くなった先代オーナーはやり手で従業員にとってカリスマオーナーだったらしいが、その築いた夢が崩壊したというところかー。

いろんな現場を渡り歩いた後に、思うこと。
潜水婦は実に良いタイミングの時にそこに居た。

Mimpiのスタッフが新しい夢に出会えていることを望むー。

Seaside lunch time

今日もお天気で過ごしやすい気温の石垣島。
オフシーズンで店クローズで店番期間により、陸に上がったカッパ生活継続中(笑)。

奮発して今日はリハロウでcカフェご飯。 外のお席を選んだよ~。 眺めがいいさ~♪
リハロウ5
本当はずっとフィレオフィッシュな気分だったけど、パンが無くてできないというので魚のグリルプレートをチョイス。
ランチは今冬の島人割りで100円引き、でないと自腹で来ないけど(笑)。
ランチタイムはドリンクとスープ飲み放題。島野菜のグリルに紫米入りのご飯。プレートの野菜や魚はカレー塩かカレーマスタードを付けて。
リハロウ4
食事が終わってちょっと海方向へ。
リハロウ3
リハロウ2
海側からテラス席を見る
リハロウ1

午前中に怒涛のメール返信じゃったからな。たまにはこんなご褒美もいいさー♡


天気のいい日は

冬にしてはお天気であたたかい今日。
こんな日は外でランチが最高さ~。

知念商会で石垣島名物、オニササ(おにぎりでササミカツを挟む)とヒラヤーチー買って、海辺の駐車場に止める。
眼前に広がる海を見ながら、潮風に吹かれながら食べるオニササは最高さ~♪
海岸parking

onisasa.jpg

hirayati-.jpg

オフシーズンの石垣の良さを実感するひとときー。


My PC

潜水婦のPCは長年使用しているLenovo ThinkPadである。
もう、製造していた日本の会社は存在しないー。

パワハラで研究所を辞めたが論文書きが残っていた。パワハラの張本人に論文のファーストネームを譲るわけにはいかない意地があった。そこで論文書きに必要なPCとソフトウェアを揃える必要があった。

ラップトップで海外に持って行っても修理が効くように、日本のメーカーではないものを選んだ。
当時新聞広告にてメーカーが定期的に出ていたLenovoのコンピューター。当時は珍しい店頭ではなく、新聞広告のウェブ購入である。
今では見ることのない、Lenovo の赤いボッチのマウス。そしてPCのケースは妹が幼少のみぎりに使っていた、母が一晩で仕上げた手作りのリュックサック。
Notebook2.jpg

Notebook1.jpg

マブールで働きだした頃、Uncle Changではジェネレーターを回す夜しか電気が使えず、講習のビデオが見せられなかった。他のイントラが使っていると、使えない。時折自分のPCで生徒に見せていたが、不安定な電流で一度ケーブルがショートして、慌ててSempornaの商店で見つけたケーブルセットを買ったことがあった。

さすがにe-learningシステムとなり生徒にDVDをこれを使って見せることはなくなったが、未だにこの相棒は現役である。
潜水婦の旅や日々の思い出の編集や思い出作りのチケット購入などに活躍中ー。
上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。