スポンサーサイト

上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。

ボルネオ時代に出会った人々:Jimmy

2017年になって間もなく、訃報が飛び込んできた。たまたま開けたFacebookにあったそれはJimmyのフランス人の奥さんによる旦那訃報の書き込みだった。

Jimmyはマブールのボルネオダイバーズマブールリゾート(BDMR)のダイブマスターだった。JPSM(マレーシア政府援助によるダイブマスターになるプログラム)の卒業生で確か以前はライフセーバーをしていたといっていたかな。

ムスリム(イスラム教徒)だけど島にいるムスリムはたいてい飲んでいる。しかも彼はかなりの酒飲みで、肝臓を悪くして黄疸が出たため、一時期コタキナバルに長期治療に帰っていると聞いた。

彼はイケメンでギターや歌が上手く、たいていボルネオダイバーズのビーチバーに行けば彼が誰かしらと飲んでいて途中からギターを奏でながら歌っていた。

彼のもう一つの特徴といえば、“女好き“。ガールハンティングは日常茶飯事で、太っていなかった当時は2枚目だったのでそれなりにモテた。別のダイビングスタッフで軟派の代表格だったErjaとはお姉ちゃんの取り合いで殴り合いのケンカになったこともあるらしい。

そういう奥さんSolenneも確かマブール島でナンパしてゲットした女だった。それもボルネオダイバーズでなく潜水婦が昔働いていたUncle Cheng Lodgeの客で、Uncle Changで飲んでいるところをナンパしたらしい。見ている限りでは彼女の方が相当熱をあげてたようで、電話などはしょっちゅう。とうとうボルネオでの働き口も見つけてフランスからやってきて、結婚するためにイスラム教徒に改宗し、結婚したのが3年くらい前だったか。

しかし実際には島で働いているアイランドボーイたちはナンパの常習者がほとんどである。実際に彼女や奥さんがいても隠しガールフレンドが数名いるというのは珍しくなかった。
たまにやってくるガールフレンドのスケジュールがバッティングして鉢合わせとなり、大騒動になることもあった。

Jimmyも御多分に漏れずそのたぐいだった。潜水婦はJimmyのギターと歌を聞くのが好きだったが、Solenneとも顔見知りだったので、彼の女関係には知らぬふりをするしかなかった。

Jimmyはボルネオダイバーズを辞め、コタキナバルのリゾートホテルのプールで働いていた。マブールを離れてからはずっと会っていなかった。そんなJimmyがある日ボルネオダイバーズに遊びに来ているというのでビーチバーに行った。
しかしそこにはSolenneではなく韓国人のお姉さんが隣に座っていたのである。

潜水婦は喉まで「Solenne元気?」と出かかっていたのを飲み込んだ。きっと私の泳いでいる目を見逃さなかったJimmyは彼女がトイレに席を外したらすかさず「潜水婦、俺は争い事は嫌いだ。今見聞きしたことはFacebookに絶対アップするな!」
韓国人の彼女はボルネオダイバーズ時代にナンパしたリピーターゲストで、今回は二人で客としてやってきたのだった。
Jimmyはビールを前にいつもの名調子でギターを弾き、歌をうたっていた。
それからほどなくしてコタキナバルで結婚したらしい。その後、韓国人の彼女はマブールには来なくなったらしい。

彼が亡くなったと知った時、FacebookにJimmyの名調子をアップして追悼しようと思ったが、見つかったビデオはその浮気現場で撮ったものしか見つからなかった。そこに彼の「アップするな!」と言われたことを思い出した。何もしないでおくのが彼のためだろうとアップはしなかった。

旦那が亡くなってからSolenneはFacebookで元気にあちこちへ行っている様子だった。そして未亡人3か月目にはローカルのボーイフレンドとラブラブな様子がアップされた。あれー・・・。Jimmyは浮気性だったが、彼女もすぐにか、既にいたのか、新しい彼氏とねぇ・・・ 潜水婦から見ると、彼らの関係とは?である。
とにかくJimmyの冥福を祈る。 Rest in Peace, Junnaidy(Jimmy)・・・
スポンサーサイト

疲れる原因とは

お正月以来、超久しぶりのブログ更新。

GW真っ只中でサービス業は忙しいのだが、キャンセルが出て久しぶりに休みとなった潜水婦。
洗濯・布団干し・掃除と撮りためたビデオを見てもう夕方ー。

年齢と忙しいから疲れると思うが、実際のところもっと疲れるのは人間関係である。
いい大人なので、潜水婦自身は誰とも争うつもりは毛頭なく、どうでもいいつまらないことで
あれこれ言われるのは腹正しいが、そんなことにいちいち使っている体力はない。

毎度毎度人の悪口ばかり言っている人には辟易する。
相手のいい所を見つけられない、相手を尊敬できないから自分も疎まれる。
そんな単純なことに気が付かないし、気づこうともしない人、あ~疲れる。

でもお客さんに「楽しかった」と言ってもらえればそれでいい。
そのために働いている潜水婦である。

謹賀新年2017

石垣島から明けましておめでとうございます。

あっという間に2017年になり、今年は平成では29年になっているんですね!
ボルネオを含め、東南アジア時代は西暦でしか物事を考えていなかったので
いつも平成で聞かれたり書類を書かされるとさっぱりわからないー。

4月~10月までハイシーズンで怒涛の様な忙しさにすっかりブログをさぼってしまいました。
今年は少しは余裕ができて書けるかな~?

昨年最後の31日の潜水では黒島では初めてたくさんマンタを見れて締めくくれました。
今年は2月にパラオで大好きなカンムリブダイの産卵を見に行く予定ですっ!

今年の目標:八重山舞踊をがんばる。(え?なんじゃそりゃ?)
本業の潜水とは関係ありませんが、12月から八重山舞踊(琉球舞踊)の先生に弟子入りしましたー。
五十の手習いとはこのことよ~(笑)。
せっかく沖縄・石垣島にいるので島人(しまんちゅ)ライフも楽しまなければー。

と、いうわけで今年もよろしくお願いいたします。

潜水婦

snake eel

石垣島に来てからは好きにファンダイビングをすることができず、自分の水中カメラも持てない。
しかもTG-2はちょっと落下しただけなのに故障して修理問い合わせ中。
(お前はショックに強いタフモデルではなかったのか?)

仕事の時はショップのブログアップのため、お店のTG-4を持っていくが、ブログ用の画像のみ。
この間担当した0.1トン超えの巨体のお客さんの体験ダイビング。
もともと2本の体験ダイビング後スノーケリング希望だったのに、まさかの追加ダイビング希望ー。
しかもフィンキックどころか、ほとんど体を動かさない人だったので、そばを通った別のスタッフに
「ドラム缶をひっぱっているみたいだった」と笑われた。

追加ダイビングでこちらもお客さんもちょっと慣れてきたの、ブログ用のショット撮るのにカメラ持って入水。
砂地をすすむと向こうの方に何かが顔を出しているのが視界に入る。
ドラム缶をグイグイ牽引して向かうと、潜水婦の好きなfinned snake eel(和名:ホタテウミヘビ)だった。
ウミヘビと名がついていても爬虫類ではない、アナゴの仲間である。

ボルネオ・マブール島にいた頃はパラダイス1でsnake eel の仲間を見つけることはたやすいことだった。
しかし、石垣島はもちろん、マブール以来,それらを見つけることはほとんどなかった。
最後に見たのはバリ島のムンジャンガンでナポレオンスネークイール(日本語ではイレズミウミヘビと図鑑にあった)見たのかな。

自分のではないがカメラがある。
しかもファンダイバーでなく体験ダイビング連れてたりする時の方が珍しいものに遭遇する。
snake eelが引っ込まないように、ちょっと遠くに巨漢を砂地に置いて、にじり寄る。
「珍しい魚です!」とSea Questのボードに走り書きして急いで数ショットシャッターを切る。
あぁ、long time no see。

それから再びドラム缶を牽引してその場を離れた。
こんど会えるのはいつになるのだろうー。

snake eel
(画像をクリックすると大きく見ることができます)

やちむん祭り 2016 in 石垣

12月10日・11日の二日間、石垣市民会館でやちむん祭りが行われました。
”やちむん”とは沖縄では焼き物のこと。
11日は隣の建物の図書館で織物の講座があり、元々休み申請済み。
10日の夜は大会場で琉球舞踊のお師匠さんも出演するお師匠さんのご友人のチャリティーショーへ。
両日ともシフトが休みとなった潜水婦は何度も市民会館へ足を運んだのでした。

10日はお昼にお師匠さんのところへチケット買いに、その他モロモロの事を済ませてから夕方やちむん会場へ。
隣の小会場でやっていた手仕事展をちょっと覗いてみる。
う~ん、手芸的なものとか? 出展者の知り合いとかが多くて内輪的な印象がー。

そして本来の目的のやちむん会場へ。こちらは中ホール。
石垣島内および西表島の窯元が出店。窯元によっていろいろ特徴があるさ~。

その昔、つくばでポスドク研究者をしていた頃、筑波大学芸術学郡の陶芸教室に通った潜水婦。
一応修了証書的なものもいただいたけど、なんせ芸術学郡の教授が指導されるので、
普通の実用的な皿やカップといった焼き物ではなく、抽象的なテーマで前衛芸術的な作品を作るのだ。
そのため、部屋に溢れるほどの作品が残ったが、使い物にならないため殆ど廃棄ー。
唯一残った信楽っぽいお茶碗は小物入れとして鎮座している。

陶芸をちょびっとだけかじったが、結局絵画もそうだがこういったものは芸術的価値というより、
まったくの個人の”好み”に尽きると思う。

そう広くはない会場を、商品を壊さないようにカバンの位置に気を付けながら歩き見る。
結構いいお値段のする中、割と普段使いできそうな好みの物を販売している窯元のブースがあった。
しかも購買意欲をそそる”普段の20~30%オフ”。
あまり値引き率が高いと「元々の価値はそんなもん?」とも思うが、価格も程よい提示額。

足元のかごには”豆皿350円”とある。
普通、豆皿結構高いんじゃよ! 他の窯元の豆皿は一般的な販売価格500円~800円。
「お茶碗もいいなー」「湯呑もないから欲しかったんじゃよ~」とそこでじっと物色する。
そして八重山地方に典型的な「いつの世も(五と四の組み合わせ)」柄の同じデザインの湯呑と茶碗を選択。
内側にはいつの世柄がちょこっと浮き彫りになっている。
yatimun2.jpg

他にも豆皿を2つほど買い帰宅。入手した焼き物を置いておにぎりとヨーグルトを口にしたら再びお出かけ。
今度は大ホールで開催される唄・踊りのチャリティーショーへ。 プロとアマチュアの学芸会が混在ー。

帰ってから茶碗を見たらそこに少しヒビが入っているのを発見。
せっかく潜水婦にしてはそこそこの値段のものを買ったので翌日交換してもらいに行きました。
更に「やはりこの豆皿はお買い得」と更に追加購入し、茶碗も快く交換してくれました。

そして他のブースも歩いているうちに、昨日から気になっているウミガメの皿の前に立つ。
「欲しい時が買い時。小さめかちょい大きいか、どっちか買おう」
散々前に立ち尽くして迷ったあげく、ちょい小さめの方を購入ー。
更に他のブースでも「つまようじ入れ無かったんじゃよ~」と柄も迷いに迷ってサンゴと魚柄で。
何せ小さいヨーグルトの空き容器に立てていたので貧乏くさい・・・
yatimun3.jpg
ついでに500円のイルカの皿も確か土産物屋ではもっと高かった、と思ってとどめに購入ー。
土産物屋で後でみたら千円くらいした、ぼったくり~。

久しぶりにお金使って買い物したー!という感じ。


今はそのせっかくの焼き物達をどう収納しようか考えねばならなくなった潜水婦。
棚買うかー?
上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。