FC2ブログ

写経ノススメ

GWも後半に突入し、コロナ自粛はまだまだ続くー。

冬のオフシーズンに帰省すると毎年やっていることがある。
それは鎌倉に行って諸々のことを行う。

長谷寺に行って写経をし、境内の花を見てそこからウォーキングとばかりに銭洗弁天まで行って銭を洗う。
そこで小判のお守りをリニューアルする。鎌倉駅まで引き返し、鶴ケ丘八幡宮に行ってお参りしてから鳩みくじを引く。
帰りに小寿々のわらび餅を土産に購入して家路につく。

ところが今年はコロナの影響で長谷寺の写経場がクローズされ、お気に入りの葛切りやさんもクローズ。
3月の時点でネットで検索すると、かろうじて建長寺の写経は開いているというので、えらい久しぶりに北鎌倉を目指した。
建長寺の写経場は係の人もおらず、窓が開けっぱなしの場所で勝手にお金を入れて黙々と書き、納めてくるというものだった。
貧乏性なので、入場料を払った建長寺の広い境内の山頂までいって足腰がクタクタになり、銭を洗わずには帰れないので
銭を洗い、八幡宮に行ってわらび餅を買って帰った。

毎日お家でヒマじゃな~とネット検索で見つけたのが奈良の東大寺の写経郵送システム。
東大寺も写経場は閉鎖しているらしく、ネットで申し込みができたので写経と写仏を注文。
ものが早速きたので、料金を郵便局で振り込みました。
中身は皆さんご自分でゲットしてから見てみてね♪
写経

100円ショップで双雲(書家の)モデルという筆ペンを購入。写仏は彩色するようだったが薄墨でもいいというので絵具セットもないので彩色はどうしようかな?というところ。

ネットで申し込んだときはやる気満々だったが、ここ数日は30℃近い石垣島。
PC打つ手首や腕は汗が止まらない、したがって半紙に腕が張り付くのが嫌でなかなか始められない。

沖縄は例年GW明けから梅雨に突入する亜熱帯、既に潜水婦ん家の温度計は30℃を示している。
ずっと家にいるから光熱費、水道代の上昇はやむを得ないが、クーラーを使うのにはまだ躊躇。
扇風機無しでは寝られない暑い夜・・・。

8月の大胎納に間に合うように送ってね、と書いてあったがいつになったらやる気になるだろうかー。
スポンサーサイト



ラマダンのお菓子

マレーシアはイスラム国家、そして今年はもうラマダン(断食月)に入った。
いつもならラマダンマーケットで夕方から町が賑わい、日の入りとともに食べるご飯やお菓子がいっぱい売られている。

しかしCOVID-19の影響でそのラマダンマーケットも禁止、ということでFacebookではムスリムの友人たちが手作りのお菓子や料理を披露している。中には初めて作ってみた~という男子たちも(笑)。

潜水婦もボルネオ在住時はSempornaやKotakinabaruのラマダンマーケットでご飯やお菓子を買うのが楽しみだった。
お気に入りな食べ物ー
①ムルタバという現地のクリスピーなお好み焼きのようなもの
②ココナッツの餅菓子。名前は「オンデオンデ?」だったかな。パンダンリーフの緑と香がついた団子の中にはブラウンシュガーのシロップ。周りはココナッツまぶし。噛むと中からシロップがジュワーッと♡
③クレープの様なお菓子。名前はわからないけど。屋台でその場で作っている。やや厚手のどら焼き味のような生地を丸い鉄板の上でクレープ状に丸く伸ばしたら、砕いたナッツとブラウンシュガーをトッピング。4つ折りにして熱々をもらう。淵がカリッとしておいしい。
④ホロホロのクッキー。スーパーでも透明な容器に入って売っている。「潜水婦食べてみな」と誰かにもらって食べた時の衝撃よ
小さな真っ白なクッキーを覆う粉糖とサクサク生地は水分を吸われるが、その何とも言えないツボに入った味!

お家に人を招いた時のお茶菓子的な感じで、夜やラマダン明けのお家訪問でふるまう為の様々な焼き菓子・干菓子が箱や容器に入ってスーパーやマーケットで山になって売っているのである。

あれから似たようなクッキーを国内で口にしても、あれを超えるものにはお目にかかれない・・・
また食べたいものがいっぱいー・・・

コロナとTシャツとマスク(部屋とYシャツと私)

「アベノマスク」が大不評、まさに税金の無駄遣いですっ!
ここ石垣島では使い捨てマスクは入手困難です。
元々杉がないので花粉症の心配がない島では内地の様に花粉の季節に元々一般人のマスク需要が無いのです。
マスクをしているのは医療関係者もしくは工事関係者が付ける粉塵用のマスク。
島人にもマスクを付ける習慣がありません。

今頃の季節は天気が良ければ半そでで過ごせる亜熱帯地域。
冬場に風邪をひくならともかく、この季節にマスクを付けるなど島では初めての経験です。
昔、部屋とYシャツと私という歌が流行りましたが、今の石垣は「コロナとTシャツとマスク」という奇妙な光景です。

先だってBig1という沖縄地域の日用品の安売りのお店に行った時の事。
レジに並ぶとヨタヨタ歩きのおじいとおばあがカゴいっぱいに買い物をしていました。
ただでさえ動きが緩慢なのに、今どきは人とおしゃべりすることがないので、おばあがレジ係の人に話しかけました。

その時、衝撃の行動が!
「コロナは怖いさ~」とおばあが自分のマスクを顎まで下げて、話し出したのです!
レジ係の人も思わず一歩引きさがり、次に並んでいた潜水婦もサッと一歩下がりました。
おばあ、それではマスクの意味ないんじゃー・・・。(泣)
あんたのその行動がこわいんじゃ~。

お会計に千円札を数枚ゆるゆると財布から出したが、小銭がなかったらしくおじいを呼ぶおばあ。
おじいは「これはまだ家にあったさ~」といって品物をヨタヨタあるいて戻しにいったので、
おじいが戻るまでまた時間がかかる・・・。
潜水婦の後ろは長蛇の列に、みんな並ばずにサッサと買い物済ませて帰りたいのにー(泣)。
まぁ、年寄りは慣れてないし、すぐには慣れないから仕方ないさー。

Big1で奇跡的に入手した使い捨てマスクは「小顔様」とOLの絵がパッケージに描かれていた。
やっぱり顔のでかい潜水婦が付けると、太ってパチパチの頬がキューっと寄せられてキツイ(笑)。
なので、御用達の雑貨店ひらりよで入手した布マスクを愛用中。
Mask handmade

この前スーパーのセルフレジで知らない人に「その布どこで手に入れたんですか?」と聞かれたほどカワ(・∀・)イイ!!
東京都知事の小池百合子さんも、沖縄県知事のデニーさんも素敵な布マスク。
エコ&ファッショナブルな布マスクで楽しく過ごしましょう♪

うちで踊ろう~離島編

世界中がCOVID-19で大変だ。
潜水婦が居る石垣島では緊急事態宣言が早くから発令され、今は自粛に休業、引きこもりである。
4月30日まで自宅待機して~放送が毎日流れている。
主要な観光地はおろか、公園もみんな閉鎖されている。

3月後半に帰省から島に戻ったが、お店番ずっとで4月の5&6日にアドバンスの講習で2日潜ったきり陸生活だ。
今年はもう見られないかと思ったコブシメが見られたのが幸いかー。
7日から休業に入り、7日は片づけに行ったきり、仕事はもうない。
アルバイト候補も休業になり、副業もなくなった。

あー、ブログ書くのは久しぶりだ。
ヒマならちゃっちゃと書かんかい!と思うだろうが、ヒマすぎるとかえってやる気がしないものである。

星野源の「うちで踊ろう~YouTube」を馬鹿な総理大臣がくだらない動画で勝手にコラボして炎上している。
「うちで踊ろう~」潜水婦にとって踊りといえば八重山舞踊だ。
お稽古も今お休みとなっているので、先生から借りた過去の公演のDVDをコピーして自主練。
久しぶりに今日踊ったら汗だくだ(笑)。
*興味がある人は「目出度節」をググってみてね

踊りで思い出すのは、ボルネオ・マブール島の結婚式でみた踊りだ。
島には娯楽がないので、結婚式は一大イベントである。
娯楽がない→子供が増える→人口増加→結婚するカップルが増える→子供が増える~のスパイラル。

Sempornaの港町から音響や司会、衣装やメイクを担当する業者がやってくる。
にわかに設定された舞台では新郎・新婦が衣装をきて座り、何回もお色直しする。
暑さを避けてか夜中に披露宴的なモノが行われる。
小さな島の中で大音響なので、どこで結婚式かは一発でわかり、ギャラリーがいっぱいになる。

披露宴では何人もの踊り手(主に女子)によるバジャウの踊りが披露され、踊り子の指の間に紙幣を観客が挟むのである。
その紙幣は新郎新婦へプレゼントというワケではなく踊り子がもらうみたいだ。
かわいい子には日ごろから行為を寄せている若者たちが何人も挟みに来るのがおもしろい。
踊り手が切れるとブライダルスタッフ(おかまちゃん)が腰に布を巻いて上手に踊ってみせる。

マブールにいた頃、潜水婦も披露宴の踊りを見るのが大好きだった。
YouTubeにアップされた、バジャウの踊りをずっと眺めては当時を思い出し懐かしさでいっぱいの夜ー。

帰省2020

先月末から店も休業期間に入り、お店番の毎日。
たま~に来るメールに返信する以外はいたってヒマである。

そして明日から内地へ帰省しまーす!
帰ったら、海外旅行に温泉もしくはスーパー銭湯、あれも食べたい、これも食べたい。→ますます太る。
友達や仲間に会ったり、石垣島にはない美術館や博物館へ、そして映画館も行けるといいなぁ~。
まずは到着日に美容院で髪の毛切る! 旅行から帰ったら歯医者も。予定がいっぱいだわ~。

今日は帰ってからしばらく留守にするのでお片付けと荷物のパッキング。
いつものように夜通しかかって出発か(笑)。
冷蔵庫の食糧も食べつくし、夜は外食予定。

世の中はコロナウィルス騒ぎ。石垣島のマスクも台湾クルーズの客に買占められたのか、品薄状態。
飛行機を1歩降りたら寒いだろうな~と思いながらの昼下がり・・・。